四角形の面積の求め方。公式とその仕組み【小学算数】

 

このページでは、正方形・長方形・平行四辺形・ひし形・台形の面積の求め方とその仕組みについてまとめています。

 

① 正方形・長方形の面積

正方形や長方形の面積は、\(「面積=たての長さ×横の長さ」\) で求められます。

 

 

【例題】「1辺の長さ \(4cm\) の正方形」の面積と「たての長さ \(3cm\),横の長さ \(5cm\) の長方形」の面積を求めてください。

 

「1辺の長さ \(4cm\) の正方形」は、たての長さも横の長さも \(4cm\) なので

\(面積=4×4=16cm^2\) 

 

「たての長さ \(3cm\),横の長さ \(5cm\) の長方形」は

\(面積=3×5=15cm^2\) となります。

 

 

② 平行四辺形の面積

平行四辺形の面積は、\(「面積=底辺×高さ」\) で求められます。

 

 

たとえば、「底辺 \(4cm\),高さ \(3cm\) の平行四辺形」の面積は

\(4×3=12cm^2\) となります。

 

 

これは、平行四辺形の右端の直角三角形を切り取って左側に移すと

「たて \(3cm\) 横 \(4cm\) の長方形」になるので

\(たて×横=3×4=12cm^2\) からも求められますね。

 

③ ひし形の面積

ひし形の面積は、\(「面積=たての対角線×横の対角線÷2」\) で求められます。

 

 

たとえば、「2つの対角線の長さが \(4cm\), \(7cm\) の平行四辺形」の面積は

\(4×7÷2=14cm^2\) となります。

 

 

Tooda Yuuto

ひし形の面積の公式は、上図のように4等分したときに直角三角形になることを考えると分かりやすくなります。

 

この直角三角形の面積は

\(高さ×底辺÷2=(たて÷2)×(横÷2)÷2\)

\(=たて×横÷8\)

 

ひし形の面積は、この直角三角形4個ぶんの面積なので

\(ひし形=直角三角形×4=たて×横÷8×4\)

\(=たて×横÷2\)

となり、ひし形の面積の公式が求まります。

 

④ 台形の面積

台形の面積は、\(「面積=(上底+下底)×高さ÷2」\) で求められます。

 

 

たとえば、「上底 \(2cm\),下底 \(6cm\),高さ \(3cm\) の台形」の面積は

\((2+6)×3÷2=12cm^2\) となります。

 

 

これは、同じ台形を2枚並べると

\(「底辺=上底+下底」「高さ=台形の高さ」\) の平行四辺形になるので

\(台形=平行四辺形の半分=底辺×高さ÷2\)

\(=(上底+下底)×高さ÷2\) 

となることからも分かります。

 

⑤どれにも当てはまらない四角形

以上のどれにも当てはまらない四角形の場合は、ヘロンの公式三角関数を使った複雑な公式からその面積を求められます。

 

次のページでは、そんな「ただの四角形」の面積の求め方を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ツイッターやブログ等でシェアしていただけると、非常に励みになります。

数字とにらめっこする日々を送る社会人。
このサイトでは「1人でも多くの人が数学・統計学をアタリマエに使いこなせる」ように分かりやすく解説・情報発信していきます。

詳細プロフィール