ニアリーイコール ≒ の使い方と記号入力の出し方について

「≒」はニアリーイコールと言って、「ほとんど等しい」ことを表す記号です。

 

ニアリーは「ほとんど」を意味する英語「nearly」から

イコールは「等しい」を意味する英語「equal」から

あわせてニアリーイコールで「ほとんど等しい」となります。

 

 

同じ意味の記号として、「≈」があります。

国際的には「≈」の方がよく使われていますが、日本では「≒」が一般的です。

 

ニアリーイコール ≒ の使い方

「≒」は「A ≒ B」の形で使われ、AとBがほとんど等しいことを表します。

 

 

たとえば、5kgの牛肉を31人で分けたい場合、正確には1人あたり 5÷31=0.1612903…kgもらえることになりますが、0.00001kg程度の誤差は無視しても問題ないですよね。

 

このような場合に、小数第5位を四捨五入して 5÷31≒0.1613kg と表記します。

0.0001kgの誤差も無視していい場合は小数第4位を四捨五入して 5÷31≒0.161kg

0.001kgの誤差も無視していい場合は小数第3位を四捨五入して 5÷31≒0.16kg と表記することもできます。

 

 

ちなみに、ニアリーイコールという表現は和製英語のため、海外ではあまり伝わりません。

 

国際的には「AとBがほとんど等しい」ことを表すときは「A ≈ B」を使って、
「A is approximately equal to B」と言います。

 

 

記号の出し方

パソコンの場合その1

①キーボード左上の「半角/全角」キーで、日本語入力モードにする

②Shiftキーを押しながら「=」キーを押す(「0」キーの右隣)

③スペースキーを押して変換すると候補に「≒」が出てくる

パソコンの場合その2

①キーボード左上の「半角/全角」キーで、日本語入力モードにする

②「いこーる」と入力し、スペースキーで変換する

③候補に「≒」が出てくる

スマホ(フリック入力)の場合

①キーボード左下の文字種切替ボタンを数回タップして数字入力モードに

②「6」キーを上にフリックして「=」を出す

③候補に「≒」が出てくるので、それをタップ

 

Tooda Yuuto
このサイト内でも、ネイピア数 e のような無理数を分かりやすくするために e≒2.718 と表記したり、確率を分かりやすくするために 5×1/6×1/6≒0.1389 と表記したりと、細かい所で活躍してくれている記号です。

 

SPONSORED LINK

 

ツイッターやブログ等でシェアしていただけると、非常に励みになります。

Tooda Yuuto
大阪大学を卒業後、数字とにらめっこする日々を送る社会人。当たり前なようでアタリマエじゃないことを日々探しています。