意外と知らないオシャレな扇子の開き方・閉じ方とコツ

暑い夏に大活躍してくれる扇子。

 

扇子は英語で「Folding fan」「Asian fan」と言います。

fanと言う名の通り、風を送って涼しくしてくれるだけでなく、その鮮やかな彩りで目からも涼しさを感じる事ができます。

 

扇子を開くとき、バシッと開く事ができると気持ちがいいし、それだけで心なしか暑さが吹っ飛ぶ感じがするものです。

今回は、そんな扇子の開き方・閉じ方を紹介。

photo credit: Hajime Nagahata


扇子の開き方

①まず、フレミング右手の法則の手の形を作る

※左手では出来ません

hand1a

②その状態から右手の人差し指と中指で扇子の根元を挟み、親指は扇子の端に添える

hand2a

 

手の甲の方から見るとこんな感じ

sensa

③親指で扇子の端を思いっきり押す

感覚としては、親指と人差し指でねじるように扇子を開くのがコツです。

バシッと一瞬で開けるので、すごく綺麗に見えますよ。

hand3a

④上手く行かない時のコツ

上手く行かない場合は、中指の真ん中が扇子の角に当たるように挟むと上手く行きやすいです。

hand4a

扇子の閉じ方

①扇子の端を親指と人差し指で持つ

扇子を閉じるときは、まず扇子の端を親指と人差し指で持ちます。

tojiru1a

②上側に向かって素早く振る

tojiru2a

③上に振り切らない内に、今度は下へと軽く扇子を振る

上側に振ったことで後から付いてきた「扇子の逆サイド」を迎えに行くようなイメージでやるのがコツです。

 tojiru3a

④親指と人差し指を使って閉じ切る

tojiru4a  

扇子をキレイに扱って、暑い夏を乗り切りましょう!

SPONSORED LINK

 

ツイッターやブログ等でシェアしていただけると、非常に励みになります。

Tooda Yuuto
数字とにらめっこする日々を送る社会人。主に数学と統計学について書いています。
大阪大学卒/統計検定1級/趣味は旅行・温泉