一夜漬けのコツ教えます。暗記パンを利用して一瞬で暗記する方法【暗記パンの作り方】

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ツイッターやブログ等でシェアしていただけると、非常に励みになります

「なんで、自分はこんなにも記憶力がないんだろう…。記憶力のある人がうらやましい…」

「頑張って英単語を覚えたはずなのに、いざ試験になると頭から全部抜けてしまう…」

「もう試験まで時間がない…どうしよう」

こんな経験、誰でも一度はありますよね。

こういう時って、「某人気漫画の暗記パンがあれば、一夜漬けでも楽々テストを乗り切れるのに」なんて考えてしまうものです。

しかし残念ながら、21世紀にはまだ四次元ポケットを操る猫型ロボットは生まれておらず、秘密道具は来世に期待するしかありません。

でも、今世を諦めるのはまだ早い。

実はちょっとした3ステップで、ごく普通のパンを暗記パンにする事ができるんです。

今日は、そんな話をしていきます。

photo credit: Alex

用意するもの

①食パン

②暗記したいもの(単語帳・教科書etc…)

③ストップウォッチ

これだけ。

暗記パンを作るコツ

暗記パンをつくるには、3つのレシピを全てこなす必要があります。

1つでも欠けると上手く行かなくなるおそれがあるので、気を付けましょう!

レシピ①:1つの覚えたい単語や事項を、一言にまとめる

まずは、覚えたい単語や事項を一言にまとめます。

例えば、「remember:~を思い出す。~を覚えている」という英単語を覚えたい時は

「remember思い出す覚えてる」

としてまとめます。

感覚としては「リメンバーオモイダスオボエテル」という1つの長い単語だと思って下さい。

解の公式を覚えたい時は

kaikohsiki

「煮え分マイなすびプラマイルートB次女引くよA氏」

「1639年の鎖国開始(清、オランダとのみ長崎で貿易)」を覚えたい時は

「オラしんのすけ、鎖国登録サンキュー!!」
(オラ=オランダ。しん=清。とうろくさんきゅう=1639)

としてまとめます。要するに、ごろ合わせですね。

検索すればごろ合わせは沢山出てくるので、自分が覚えたい事を付け加えて一言にまとめてみましょう!  

レシピ②:まとめた一言を33秒間、できるだけ速く何度も唱える

ここ、すっっっごい重要です。

先ほど一言にまとめた言葉(例:リメンバーオモイダスオボエテル)を、
目を閉じながら、キチンと発音しつつも出来るだけ速く何度も唱えます。

もっっのすごく速くです。もう単語を限界まで圧縮する感じ。

始めの「リ」から最後の「ル」まで1秒以内に唱えられるようにするのを最終目標にしてください。

「煮え分マイなすびプラマイルートB次女引くよA氏」のように長い言葉の場合は、 2秒が最終目標です。

早すぎて綺麗に発音できていないようでは意味がないので、
慣れていない内は3秒以内に唱えるのを目標にし、徐々に唱えるのを早くしていきましょう。

ストップウォッチを使って33秒間、これをひたすら何度も唱え続けます。

33秒の理由は「耳(33)にタコができる」から来ています。

感覚的にもこれくらいが一番いい感じです。絶対に33秒間、絶えず唱え続けてください。

  ※外でやると周りから変な人だと思われるので、家の中でやってくださいね。

レシピ③:食パンを美味しく頂く

パンうめえ

よく噛みしめながら、3噛みにつき1回くらいのペースで先ほど圧縮した単語を頭の中で唱えましょう。

リズムをとりながら唱えると、うまくいきます。

暗記パンを使って一瞬で暗記しよう!

この暗記法を初めてやる時はパンがあった方が上手く行きやすいので、絶対にパンを使ってください。

「噛む」という行為が脳を刺激するため、とっても重要なんです。

実際、高2まで地歴では赤点の常習犯だったボクでも、この方法を編み出してからは、80点・90点以上が当たり前になっていました。

覚えたい事を一言にまとめて圧縮し、目を閉じながら33秒間ひたすら唱え続ける。

次は、頭の中で唱えながら、ひたすらパンを噛む。

この作業が、驚くほど暗記に有効です。ぜひ一度試してみてください。